自然素材の塗り壁(漆喰・珪藻土)

自然素材の漆喰

こんな生活もういや!

冬のカサカサ。。。梅雨のジメジメ、ベタベタ。。。
クローゼット、下駄箱の大切な洋服や靴のカビ。。。
誰でもこんな生活できればおさらばしたい。

気温より湿度!

気温より湿度!

日本の気候は、夏は湿度が高く、冬は乾燥し、1年間での変動は相当なもの。

当然、お部屋の中の湿度も季節によって大きく変動します。また、1日のなかでの天気による変動も極めて大きく、快適な午前中と、不快な午後が混在する日もあります。

こうした変動の中でも、家の中だけはできるだけ快適な湿度を保つことで過ごしやすさは随分と変わってきます。快適な湿度は40%〜70%とされています。

40%以下であれば喉が痛くなったり、肌が乾燥したり、インフルエンザ菌が増殖します。
70%以上であれば、蒸し暑くジメジメし、カビやダニが繁殖しやすくなります。
できれば50〜60%程度に保ちたいものです。

パッシブ・アトリエのお部屋は、除湿器・加湿器が備え付け

備え付けといっても設備ではないんです。

自然素材の壁材は、壁材に使われている漆喰そのものが呼吸をし、部屋の湿度をコントロールしてくれるんです。湿気が多い時は漆喰が湿度を吸収し、乾燥したときは漆喰から湿度が放出されます。

漆喰が湿度をコントロールしてくれるから、カサカサやベタベタも防いでくれ、カビの原因となる結露も防いでくれます。

賃貸住宅に使用されているのはほとんどビニールクロスです。ビニルクロスは呼吸をしません。例えが極端ですが、ビニール袋をかぶってみて下さい。

暑いし蒸れるし、内部に水滴はつくし、気持ち悪いですよね。部屋中ビニルクロスってこれと同じことじゃないでしょうか。

お菓子の家ならぬカビの家!?

そして、目に見える室内側だけではないんです。

入居者はあまり目にすることはないと思いますが、退去時の原状回復やリフォーム時に、お部屋のビニルクロスを剥がすと、壁面内部にビッチリとカビが生えていることがあります。棲息しているという表現の方が適当かもしれません。

特に日当り、風通しの悪い北側のお部屋で多くみられ、ひどいときは壁が腐って崩れかけていることも。

単身世帯の場合は嫌がおうにも生活のスペースとなりますし、ファミリー世帯であれば北側のお部屋は寝室や子供部屋にあてられます。そうしたカビに囲まれて寝ていると思うと気持の良いものではないですよね?

時代は節電・エコ!

漆喰の塗り壁 ジメジメ空気、洋服や壁内のカビ。。。

呼吸をしない、調湿作用のないビニルクロスで囲まれた室内では、コマ目に換気を続けなければ当然の結果と言えるかもしれません。もしくは、この節電の時代に加湿器や除湿器をガンガン回す。。。

また、ビニールクロスは、住む人が入れ替わるたびに張替えが必要で、膨大なゴミを生みます。

その点、自然素材の塗り壁は、メンテナンスさえすれば、長くもちます。その上、カビや結露を防ぐという特性から、建物自体の老朽化を遅らせることもできます。賃貸に限らず、分譲住宅でも、初期費用が安くすむビニルクロスを使うことが、重宝がられてきました。

そして、化学物質、カビ、結露、ゴミなどの問題がだんだん広がってきました。使い捨ての時代はもう終わり!良いもの、質の高いものを長く使うことこそが、今、求められています。

漆喰(しっくい)とは?

昔から日本の家屋で壁の上塗りなどに使われてきた消石灰を主成分とした建築材料。

珪藻土(けいそうど)とは?

海底・湖底で植物プランクトン(藻)が堆積し、長い年月をかけて化石化した土を主成分とした建築材料。

パッシブ・アトリエも登録している珪藻土専門サイトTane.net

漆喰と珪藻土の特徴
  • 調湿性・・・無数のナノサイズの小さな穴(細孔)が湿気を吸収したり放出したりして、カビや結露を防止します。
  • 不燃性・・・耐火性に優れており、万が一の火災時にも有害な煙や有毒ガスを発生しません。
  • 浄化性・・・臭いだけでなく、ホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着浄化し空気を安全にします。
  • 防音性・・・音を吸収して静かな空間をつくります。

自然素材の漆喰・珪藻土は、なんともいえない温かみがあります。塗り方によって質感が変化し、いろんな表情になります。ゆっくりとくつろげるお部屋でリラックス。ビニルクロスにはない味わいが、自然素材の一番の魅力です。