パッシブ・アトリエのメンテナンス方法

メンテナンスキット

メンテナンスキット パッシブ・アトリエは入居者に、自然素材のメリット・デメリットを十分にご理解いただくとともに、無垢材や漆喰の軽微な傷や汚れにつきまして は、入居者にセルフメンテナンスをしていただき、大切に使用していただくことを入居規約で結びます。

備え付けのメンテナンスキットをご活用いただくことで、退去時の原状復帰時に、オーナーだけでなく入居者にとっても費用負担を軽減できる仕組 みをとっております。

漆喰、無垢材の補修はカンタン

漆喰と無垢材は何十年も持つ素材です。入居規約通りの使用では貼替えや塗替えは必要ありません。漆喰や無垢材のちょっとした傷や凹み、汚れなどを補修する事で元通りになります。

漆喰や無垢材の補修はどなたでも簡単に行うことができますのでご安心ください。

国産杉無垢材フローリングのメンテナンス方法

Case.1 こどもは床に醤油をこぼすのが仕事です。大人だってコーヒーをこぼします。

無垢材にしょうゆをこぼしてしまった 無垢材にコーヒーをこぼしてしまった

ご安心ください。無垢材にこぼしてしまった場合は、出来る限りすぐに乾いた布か、水気を切った布で拭きとってください。

万が一、無垢材に染みになってしまっても、市販の洗剤や薬剤のご使用は避け、酢を適量たらして拭きとるか、それでも落ちない場合は、サンドペーパーで無垢材表面を削ってください。

例えばこんな感じです。(画像をクリックすると拡大します)

無垢材のメンテナンス  無垢材のメンテナンス  無垢材のメンテナンス

Case.2 よく遊ぶこどもは床に傷や凹みも作るのも仕事です。大人もたまには物を落とします。

モノを無垢材に落としてしまった

大丈夫です。

木は生きていますので、無垢材についた多少のキズや凹みであれば、その箇所に水分を染み込ませるだけで時間の経過とともに元に戻ります。また、無垢材に塗れタオルをあててアイロンをあてることでも復元します。大きなキズ等は退去時、無垢材にカンナがけをするなどメンテナンスを行えば元通りになります。

Case.3 元気のいいこどもはフローリングだって割ります。

フローリングを割ってしまう場合もあります

問題ありません。

無垢材のフローリングは1枚1枚杉板を貼り合わせていますので、無垢材の割れた部分だけを取り外し、新しいものを入れることができます。

株式会社レジナまでご相談ください。

天然素材のエコ漆喰のメンテナンス方法

Case.1 こどもは芸術家です。

子供のいたずら書きもサンドペーパーで消せます

あまりお子さんを怒らないでください。

漆喰についた落書きは消しゴムで消えることもあります。消えない場合は、市販の洗剤や薬剤のご使用は避け、漆喰をサンドペーパーで擦ってください。

※80〜100番くらいの目の粗いサンドペーパーで汚れをさっと落としてから目の細かい240〜320番くらいで仕上げます。ただし、そのままだと触れると粉がつきますので、必ず水分を含んだ布で軽く漆喰の粉を拭いてください。

Case.2 壁に何かをぶつけたことがない人はいません。物や壁に当たる人だっているくらいです。

壁にモノをぶつけてしまうことだってあります 壁にぶつかる大人だっています

ご安心ください。

漆喰に傷やひび、剥がれが生じてもその部分の補修を行えば元通りになります。

傷や凹み部分の上から漆喰を塗り、乾いたら色ムラにならないようにサンドペーパーで削り、周辺に馴染ませます。ただし、そのままだと触れると粉がつきますので、必ず水分を含んだ布で軽く漆喰の粉を拭いてください。

漆喰のメンテナンスはこんな感じです。

導電性シートのメンテナンス方法

Case.1 床に水をこぼしてしまって、内部のシートが塗れてしまったのではないかと心配。

大丈夫です。

導電性シートはノーメンテナンスです。水に塗れても機能は失いません。