賃貸経営を営むオーナー様へ

自然素材の部屋づくりで新しい賃貸をはじめましょう!

ここが違う! パッシブ・アトリエという選択

  1. 賃貸だからってガマンしたくないという声は多い
    住みたくなる部屋づくりが入居率アップの近道!!

  2. 無駄な原状回復なんていらない
    入退去時にコストがかかりすぎませんか?

  3. そして、みんなが幸せになる住まい
    オーナー様・住む人・地域環境すべてにやさしい住まい作りを始めませんか?

賃貸だからってガマンしたくないという声は多い

パッシブ・アトリエ みなさんなら、お部屋を選ぶときにどんなところを見て決めますか?

確かに、立地条件はお部屋選びにとっては欠かせません。でも、立地さえよければ、どんな部屋でもいい訳ではありませんよね。ここからが、オーナー様のコンセプトを打ち出していけるチャンスでもあります。つまり、立地条件は自分で変えられませんが、どんな建物にするか、どんな内装にするかは、オーナー様自身で変えられるという事です。

それなのに、賃貸住宅の内装は、どれも判で押したように、ビニールクロスに合板のフローリングです。大量生産のためローコストで、初期投資は低くすむでしょう。でも、そんな部屋で暮らしたいでしょうか?

無垢材のフローリング 近年、健康に配慮した賃貸住宅を求める声はとても多くなってきています。また、そうしたお部屋をつくることで、建物の価値を高めて、経年による賃料の下落を抑えられます。

私たちは、自然素材電磁波対策で、安心・安全の住まい作りを目指しています。自信を持ってお勧めする厳選素材で、これまでと違った賃貸住宅にしてみませんか?

パッシブ・アトリエで使われている厳選素材の紹介

無駄な原状回復なんていらない

入退去時にコストがかかりすぎませんか?

入退去のたびに繰り返される「原状回復」という言葉に、疑問を持ったことはありませんか?

入退居のたびにごみになるビニールクロス ビニールクロスの張替えなどで大量のゴミを出し、お金をかけて元通りにするなんて、ばかばかしいとは思いませんか?

確かに、きれいな状態で入居者さんを迎え入れることは、大切だと思います。しかし、すべてを新しくする必要はあるのでしょうか?

使い捨ての時代はもう終わった!

なるべくゴミを減らして今あるものを大切に長く使うことが、見直されてきています。ゴミを捨てるのもお金のかかる時代になってきました。

自然素材を使うことで、原状回復費用はずっとお徳に!

  • 自然素材の特性から、カビや結露を防ぐため、建物が傷みにくい。
  • ビニールクロスの張替え、合板フローリングの張替えのように、全部を取り替えるのではなく、補修することで長くお使いいただけます。

確かに、導入コストは一般の賃貸よりかかるかもしれません。しかし、ランニングコストはずっと抑えられます。

詳しくは導入コストとランニングコストのページをご参照ください。設計プランのページをごらんいただくと、ゴミを極力出さない方針をより詳しくご理解いただけると思います。

パッシブ・アトリエの導入コストとランニングコスト
パッシブ・アトリエの設計プラン

そして、みんなが幸せになる住まい

オーナー様・住む人・地域環境すべてにやさしい住まいづくりを始めませんか?

みんなが幸せになる住まいづくり

オーナー様の幸せ

  • 自然素材のため、カビ・結露を防ぎ、建物の痛みが少なくすみます。
  • 入退去時の原状回復費用を抑えられます。
  • 他の賃貸との差別化で、入居率アップ。
  • お部屋の価値が上り、経年による賃料の下落を抑えられます。
  • 自然素材の良さを分かってくれる入居者様が集まります。
  • お部屋の良さを分かってくれる入居者様は長く住んでくれます。つまり、リテンション率もアップ!

住む人の幸せ

  • 自然素材で心も体もリラックスできます。
  • 電磁波対策で、安心して過ごせます。
  • 自然素材は、調湿性、断熱性に優れているため、冷暖房費を抑え、除湿器、加湿器をほとんど使う必要がありません。つまり電気代の節約に!

地域環境のために

  • 自然素材は、調湿性、断熱性に優れているため、無駄な電気を使いません。
  • 入退去時のゴミを減らせます。

いったい誰のための住まいなのでしょう?

建物は、オーナー様の大切な財産であり、住む人にとって安らげる場所のはず。よいものを大切に補修しながら使っていくことこで、ゴミも少なくなります。オーナー様も住む人も幸せで、環境にもやさしい。

5年後、10年後には、もっと求められる建物になっていくでしょう。そんな住まいを一緒につくっていきませんか?